導入のご相談・お問い合わせ

地域病院や地方自治体(市区町村)での接種に対応したワクチン予約システム。インフルエンザワクチン接種にも対応。

コロナワクチン予約システム

320の市町村、医療機関などで稼働中、職域接種にも対応

接種回数の管理、接種間隔の管理、ワクチンメーカー別の管理、接種券番号でのログイン機能

当社が提供する『コロナワクチン接種専用予約管理システム』は新型コロナウイルスのワクチン接種予約の予約、及び予約管理を行うためのシステムです。
接種者は、Web・電話などの様々な手段から予約することができ、それぞれの予約は、病院、医師会、クリニック、自治体(事務局)、企業、大学側で一元管理が可能です。
協力会社(コールセンター)のオペレーターが住民から電話を受けて、代わりに予約でき、そのためのクラウドCTI連携機能もご用意しています。
インフルエンザワクチン接種の予約システムとしてもご活用いただけます。
★★★★★★★★★★★★★★
職域接種・職場接種に関しては下記の専門部署にお問い合わせください。
https://vaccine.reserva.be/shokuiki/
★★★★★★★★★★★★★★

国内データセンターで情報管理だから安心

SSL通信、ファイヤーウォールを完備

「日本情報経済社会推進協会」が認めたプライバシーマークを保有する当社では、個人情報の保護を最重要視しています。RESERVAでは24時間365日の有人システム監視を行っており、システム稼働の安定性を重視しています。また、大切な個人情報を守るため、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みとして、すべての情報登録シーンにおいてSSLを導入しています。

すぐに導入・開設できる

ワクチン接種の運用方針をヒアリング後、4営業日で導入完了

市町村や病院ごとにワクチン接種券の配布方法、接種会場での運用、コールセンターの対応が異なります。そのため、当社のコンサルタントがヒアリングをさせていただき、最適なシステム構成をご提案します。SaaS型の予約管理システムですので、ご相談をいただいてから最短で4営業日でシステムをご提供することが可能です。
職場接種に対応も可能で、企業の社員向け接種のオペレーションにも対応しており、社員証IDでのログイン、支店単位での申込受付なども設定が可能です。

国内No.1のワクチン予約システム

150以上の自治体にシステムの導入実績あり

150以上の自治体で導入されているコロナワクチン接種の予約管理システムです。
国内No.1の予約管理システムを提供している当社では、官公庁や地方自治体向けに予約システムを導入してきました。契約関連の処理など、ご不明な点は当社コンサルタントにお気軽にご相談ください。

*コロナワクチン接種予約システムとして、320プロジェクトを運営中(2021年10月1日現在)。150の地方自治体、90の大型医療機関、40のクリニック、そのほか職域接種・大学拠点接種での導入が決定し、実際に運用されています。
*インフルエンザワクチン接種の予約システムとしてもご活用いただけます。

3回目接種にも完全に対応

日本政府よりコロナワクチンの3回目接種実施の方針が打ち出されたことから、3回目接種の予約受付に必要なシステム改修をおこない、11月30日よりブースター接種対応の予約システムを提供いたします。

ブースター接種にも対応したワクチン接種予約システムでは、以下の機能をご用意しています。

1.接種対象者データの取り込み機能
2.接種券番号による接種記録の登録、更新
3.2回目接種から一定期間以上経過していることをチェックする機能
4.接種記録による予約枠の表示/非表示を制御する機能

VRS(ワクチン接種記録システム)や予約接種台帳システムから抽出した接種対象者データを取り込み、接種券番号をキーにして、接種記録の登録、更新がおこなえます。

利用方法

利用方法1 : 事前に住民(接種者)情報をシステムに登録する(自治体向け)

自治体又は事務局が住民(接種者)の情報を事前にシステムに登録します。

ログイン情報を、接種券番号と合わせて住民に郵送し、住民はそれを使って予約システムにログインをして予約を行います。

自治体又は事務局が住民(接種者)の氏名、生年月日、接種券番号などを予約システムに登録します。

予約システムへのログイン情報を、接種券とともに住民に郵送します。

接種券を受け取った住民は、予約システムにログインし、接種会場や日時を選び、予約を行います。

ワクチン接種の当日、病院関係者は、各接種者に対してワンクリックで「接種実績登録」を行います。

利用方法2 : 接種者自身にシステムへの会員登録をしてもらう(医療機関向け)

住民(接種者)が、予約サイトで予約を行う際に、自身で登録を行う方法です。

住民(接種者)は、ワクチン接種を受ける病院の予約サイトで、接種券番号を使い、会員登録をします。同時に、接種する日時を選び、来院予約を行います。

ワクチン接種を行う病院が住民(接種者)からの電話予約を受けた際は、接種券番号を聞き取り、会員登録と来院予約を行います。

来院当日、ワクチン接種が完了したら、病院は予約サイトで接種完了処理を行います。

主な機能

住民(接種者)・自治体・病院・コールセンターのそれぞれの現場で使える最適な機能を揃えています。

データはすべてシステム上に一元化されるので、現場同士の情報共有が混乱することはありません。

自治体(事務局・コールセンター)

住民(接種者)の事前登録

予約システムを利用し、電話予約を受け付け

会場別予約の管理

住民(接種者)

パソコン・タブレット・スマートフォンからワクチン接種の予約

ログイン機能を用いた本人確認

オンラインで予約日の変更

病院(接種会場)

接種当日、各接種者の本人確認

接種当日、各接種者に対し、ワンクリックで接種実績登録

※上記以外にも、政府、厚生労働省及び関係省庁の発表に応じて、必要な機能を追加開発いたします。

よくあるご質問

月額利用料金はいくらですか?
職場接種の場合は、社員IDで識別、ログインさせることは可能ですか?
1回目の接種、2回目の接種の優先順位をつけることはできますか?
職域接種の場合で、支店ごとに接種場所が変わるのですが対応は可能ですか?
ロット番号の登録はできますか?
アレルギー反応の登録はできますか?
コールセンターのオペレーターが予約代行する際は、接種券番号だけで接種者を表示させられますか?
1回目と同じワクチンなら、2回目は別の接種会場でも予約できますか?
日程一括登録は可能ですか?
予約者がワクチンを選んで予約するようにできますか?
セキュリティが心配です。他の市町村の住民が予約サイトにアクセスできてしまうようなことはありませんか?
接種会場にインターネット回線(有線)がなくても接種済み登録はできますか?
後から接種場所の追加はできますか?
コールセンターが5名対応なのですが、5名同時に予約登録できますか?
日程一括登録を上書きすることはできますか?
アレルギーがあるから接種をやめたほうがよいと判断した場合は、どうしたらよいでしょうか?(ドクターストップの場合)
接種会場にてiPadで受付は可能ですか?
日曜日は集団接種、平日は個別接種というオペレーションを実現できますか?
リマインドメールは自治体が手動で送るのですか?
接種実績を登録することはできますか?
住民(接種者)が予約する際、メールアドレスの登録は任意にしたいのですが、可能ですか?
システム利用期間が終了した後も、データを安全に保持してほしいのですが可能でしょうか?
ブースター接種に対応していますか?
インフルエンザワクチン接種に対応していますか?

お気軽にお問い合わせください